ヨルダン

美味しい! アラブ&トルコ料理

ヨルダン人の誇り! ヨルダンの郷土料理マンサフ

マンサフを食べずしてヨルダンに来たとは言えません! ヨルダンと言えばマンサフ、マンサフと言えばヨルダン。ヨルダンを代表する料理です。マンサフは元々は砂漠のベドウィンの料理。ジャミードと呼ばれる、乾燥させて塩っ辛くしたヤギのミルクを使用します。
中東の美容情報

中東に多いアラブの美女とアラブの脱毛事情

アラブ世界には思わず見とれてしまう美女がとても多いです。ヨルダンに住んだ7年間は目の保養の期間でもありました(笑)。私のアラブの友達 (ヨルダン人、シリア人、レバノン人) はほぼ100%美人でした♡ そんなアラブ女性の悩みは毛深いこと。男性並みの剛毛です。
美味しい! アラブ&トルコ料理

甘いスイーツ大好きな男子で溢れている中東

中東の街角には、甘いスイーツを無邪気に頬張るアラブ男性たち(トルコ男性もほぼ同じ)が溢れています。そう、アラブもトルコ人も甘――――いお菓子が大好き。中東のお菓子は概して超甘いのですが、そんな中でも中東を代表するスイーツはこれ! アラビア語ではカナーフェまたはクナーフェです。カナーフェはあちこちで売られていますが、 "おいしい" と評判の店のカナーフェは一味違います。ヨルダンのアンマンにも有名なカナーフェ店がありまして、そこはいつも人でいっぱい。しかも男性が多い…。
中東あれこれ雑多な情報

現地旅行会社-ヨルダンでも特に体質が古いコテコテのアラブの世界

アラブ世界で仕事をするのは、思っていたよりタフ。“なんでやねん!!”と思わず叫びたくなるようなこともしばしば…。ヨルダンでは2つの現地旅行会社に勤務しました。でも後で知りました。ヨルダンのローカルの会社の中でも、ヨルダンの旅行業界ほど体質が古い世界はそんなにないということを…。そう、そこはコテコテのアラブの世界でした。数々の "なんでやねん!" の中で、まず私が直面した問題はお給料の未払い。
美味しい! アラブ&トルコ料理

アラブのストリートフードの代表格 シャウルマとは?

アンマンの街角の至る所にシャウルマの店があります。シャウルマとは何ぞや? アラブのストリートフードの代表格です。細かくそぎ切りしたお肉に、みじん切りしたトマトや玉ねぎなどの野菜を薄いピタパンでクルクルっと巻いたサンドウィッチです。シャウルマを売っている店は本当にたくさんありますが、美味しいところはいつも人でいっぱい。ごった返しています。人がたくさん出入りするシャウルマ屋さんはお肉が新鮮だということ。
中東あれこれ雑多な情報

中東初心者だった私に舞い込んできた初のジョブ・オファーとは?

ヨルダンに住んで半年くらい経った頃でしょうか、本気で仕事を探し始めました。日本人を募集してそうなところに手あたり次第連絡を取り、とにかく自分を売り込むという、中東でしか通じないような手法での職探し。そんな私に初のジョブ・オファーがついに!
中東あれこれ雑多な情報

ヨルダン観光:あなたは Uber 派? タクシー派? その心得とは?

ヨルダンでは2019年4月から Uber が正式に使えるようになりました。ここではヨルダンの Uber/タクシーに乗る時の心得について書きたいと思います。知っていて損はない!中東ならではのルールがあります。ヨルダンではドライバーが男性の場合、女性は後部座席に乗るべし!
アラビア語うんちく

なぜアラビア語は世界一難しい言語と言われているのか?

アラビア語は日本ではまだまだ馴染みが薄い言語かもしれませんが、実は世界人口の5分の1が話すと言われているメジャーな言語の1つ。そして、アラビア語は世界で5番目に多く話されている言語です。アラビア語学習者泣かせなのは、アラビア語が世界で一番難しく複雑な言語といわれているから。
中東発! 人間ウオッチ

第2弾! これさえ分かればもう恐くない、アラブと上手に付き合う秘訣

トラブルの大半は、やはりアラブ独特の文化や考え方の違いによるものがほとんどです。今回もまたまたヨルダン人の分析から。アラブは気が利きません。「こんなこと言わなくっても分かってくれるはず」などという仮定は禁物。一を言っても十を悟らないことが多いのですから、言葉に出されない無言の期待には決して応えることができません。
中東発! 人間ウオッチ

これさえ分かればもう恐くない、アラブと上手に付き合う秘訣

アラブとは実に深遠な国民だと思っておられる方もおられることでしょう。なんせ普段あまり接する機会がないので、謎が多いかもしれません。コツさえ分かれば、うまく付き合うことができます。この記事ではアラブを分析いたします。
タイトルとURLをコピーしました