中東に多いアラブの美女とアラブの脱毛事情

↓クリックがランクに反映されます。1日1回ぜひヨロシク!😉ᵗʱᵃᵑᵏઽ*♡↓
にほんブログ村 海外生活ブログ 全世界情報へ
にほんブログ村

東のアラブ女性には美女が多いといわれます。この場合の中東というのは主に、レバノン、シリア、ヨルダン(パレスチナ)のこと。これは本当にそうです。これらの中東の国々は美女で溢れています。全てとは言いませんが、美人の割合はもう80-90%といってもいいほど。

日本では美人が少ないので、美人だと目立つかと思いますが、中東ではブスが少ないので、ブスだとかえって目立ちます…。実にシビアな中東(笑)。

1. アラブ女性の美人の代表格といえばこの人!

そんな中東の美女の代表は、ヨルダンのラーニア王妃かと思います。名前や素性はご存じなくても、この顔をご覧になった方は多いはず。

これは2015年の写真。

ミス・ユニバース並みにきれいな女性です。スタイルもとても良いので、小太りのアブドゥッラー国王よりスラリと頭一つ分(二つ分?)背が高いです。1970 年生まれで 4 児の母親。両親はパレスチナ人で、クウェートで育ちました。現在は 50 歳ということですが、その美貌は健在。もちろん美を保つためにボトックスなどを入れて並々ならぬ努力を払っておられるとは思いますが、元々がとてもきれいな方です。

顔がきれいなだけではなく、知性もあることでよく知られています。女性の社会的立場の向上など色々な活動に参加されていることでも有名です。そしてそのファッションセンスの良さからも、かなり評価が高いです。ファッションモデルなどと並んでも遜色がない美しさ。

王妃でありながら、ホームページも持っておられます。ぜひ覗いてみてくださいね。

Queen Rania's official website
Queen Rania’s official website home page features her news, speeches, initiatives, social media activities and a rich archive of photos and videos. Hashemite Ki...

2. 中東のその他のアラブ美人

そして、中東の美女の代表としてよく話題に上るのがレバノン人のシンガーであるハイファ。

私の友達の中では、「下品」と形容する人も多いこのハイファ。賛否両論があり、かなりバッシングされながらも、レバノンを代表する歌手となっています。彼女は若いころ「ミス・レバノン」に選ばれ、その後はモデルとして活動。そして現在は歌手となっています。そのため、「歌唱力はほとんどない」と言われています。が、そのファッションと立ち居振る舞いで、何かと話題になります。

美人であることは確かだと思います。整形している有名人が多い中で、彼女は整形をしていない天性の美女です。ただし歌はすっごく下手…声が出ていない(汗)。あと、顔はいじっていないとしても、彼女の体はいったい年間どれくらい整形・美容手術をしているんでしょうか、という感じの体なんです。外面重視のレバノンではこうした ”造った美” がもてはやされる傾向にあります。

3. 美人なレバノン人の映画監督

この女性は、レバノン人の映画監督 Nadine Labaki。

テレビに引っ張りだこという意味での有名人ではありませんが、有名人並みにきれいですよね。彼女の作った映画 Caramel (2007年) はとてもお勧めです。彼女は監督であると共に、この映画で主演を演じました。いわゆる “中東美人” で、彼女の美しさに魅せられた人も多かったのではないかと思います。

映画の舞台はレバノンの首都ベイルート。2007 年のものですから少し昔の映画ですが、コメディ的な要素も織り交ぜられていて、中東に生きる人々の日常をユーモアを込めて描いています。そして年齢や境遇が全く異なる5人の女性たちの視点から、「若さ」や「美」に対するアラブ女性の複雑な感情を描き出しています。

まだ観ていないというかたは、キャラメル [DVD] ←ここからぜひご覧くださいね。

さてこんな風にアラブ世界には、思わず見とれてしまう美女がとても多いです。ヨルダンに住んだ7年間は目の保養の期間でもありました(笑)。私のアラブの友達 (ヨルダン人、シリア人、パレスチナ人、レバノン人) はほぼ100%美人でしたから…♡ 美人を見るのが大好きな私です(笑)。

4. アラブの美女たちの悩みは毛深いこと

そんなアラブ女性たちの悩みは毛深いこと。アラブはとにかく毛深い! 真っ黒な剛毛が生えています。アラブで毛が薄いという人は少ないでしょう。女性であっても鼻の下の毛もすごく濃くなるので、10 代に入るころにはもう脱毛のことを考える必要があります(笑)。

アラブ男性に多いのが「毛巣洞(もうそうどう)」という病気です。お尻の仙骨の上あたりで、毛が内側に生えていって化膿し、すごく痛くなります。この病気には手術が必要になります。稀に毛深くなくてもこの病気にかかるようですが、ほとんどの確率で毛深い人に起きやすい。そしてなんと、アラブ女性もこれにかかることが結構あるようです。さすがは毛深いアラブならでは…??

5. アラブ女性の伝統的で一般的な脱毛方法とは?

アラブの伝統的な脱毛方法は、砂糖から作ったワックスでムダ毛を根こそぎ抜いてしまう方法。先ほどレバノン映画 Caramel をご紹介しましたが、実はこの映画のタイトルは、このムダ毛処理用のワックスにちなんだ名前です。

映画のアラビア語タイトル(原題)は「スッカル・バナート」。直訳は“女の子の砂糖”。砂糖と水とレモンを混ぜ合わせて作るキャラメルは、ここ中東で一般的に脱毛のために用いられているのです。 だから”女の子の砂糖”ってわけ。ヨルダンではこの脱毛用のキャラメルが「シュガー」とも呼ばれています。

アラブ女性にとってムダ毛は「汚いもの」という感覚です。ですから脱毛は女性として必須。通常は剃(そ)るか、シュガーを使うか。でもシュガーが圧倒的に多く使われいます。自分で砂糖を煮たててキャラメルを作ることもできますが、お手軽な出来合いのシュガーが売られています。

中東で一般的に売られている脱毛用のシュガー。このはちみつの固まりのようなものを手で温めて柔らかくし、トロリとしたものを足や腕に延ばして固まるまで待ちます。固まったら一気にはがします。一度でムダ毛はなくなるし、あとのお肌はツルツルになるらしく、ほとんどの女の子が「シュガーで脱毛する」と言います。

6. アラブ女性は結婚式の前日に全身の毛を処理する

アラブ世界では、結婚式の前日にはサロンに行って全身のムダ毛を全て取り除くというのが恒例の伝統行事(?)です。頭と眉毛・まつ毛以外は全て取り除きます。アンダーヘアもです。引っこ抜くので猛烈に痛く、血は出るし涙は出るし、かなりつらいそうです。

私のヨルダン人の友達が「いや、あれは本当に大変だった」と話してくれました。結婚後も同じようにアンダーヘアまで処理するのかについては、「私は旦那がそんなことをしなくていいっていうからしていない」ということで、夫の好みによるようです。でも結婚式の前日に全身の毛を処理するのは絶対に必要なこと!

とはいえ最近は機械でする光脱毛が中東にも進出していると思いますので、お金があるアラブは痛みがなくてお手軽な光脱毛を選ぶと思います。でも、みんなが美容にお金を出せるわけではありませんので、ごく一般的なアラブ女性の脱毛方法は今でもシュガーであると思います。トルコにもシリア女性が経営する美容サロンがありますが、シュガーでの脱毛です。脱毛の範囲にもよりますが、全身の場合はサロンのスタッフが総出になってシュガーでの脱毛に参戦です。

7. サロンで脱毛するか、自分で脱毛するか

私は日本にいたときはムダ毛処理として、自分で脱色をしてみたり、剃ってみたり、脱毛クリームを使ってみたり…。きっとほとんどの人と同じように、ムダ毛処理にはけっこう頭を悩ませていました。私はムダ毛がアラブ女性並みに剛毛で、鼻の下の毛は何年もの間、毎朝剃っていましたし(笑)、足なんて夜に剃って寝ても翌朝にはチクチクするほど。ムダ毛処理に疲れ果てて、腕などのムダ毛をそのままにしていたこともあります。

ヨルダン初期には、サロンで働くフィリピン人の初対面の女の子が私のナチュラル (?) な腕を見て、「こういうの、アラブ男性は accept (アクセプト) できないのよね」と一言コメントしておりました…。初対面でこんなこと言われるなんてびっくり!

そんなわけで、数年前に日本に一時帰国した時に意を決して美容器ケノンを購入しました。5年ほど前になりますので、私の使っているケノンはけっこうな年季入り。

海外で使うためには変圧器も必須!
シャンパンゴールドのものを購入

けっこう高額なお買い物だったので、買う前はかなりかなり悩みました。でも結果的に買って本当に良かったです。購入時についているカートリッジで、わきの下、腕、ひざ下、鼻の下のひげ、そしてアンダーヘア…と気になる部分の脱毛は全てできちゃいます。もっと全身を脱毛したいという方は、カートリッジを追加購入する必要があるのでしょうけれど…

私は全身 (例えば太ももなど) の脱毛はもともと必要ないと思っていましたので、カートリッジの追加購入なしで十分間に合っています。家でできるので、サロンに出かける億劫さはないし、好きな時にサッとできます。特に頑張って脱毛したわけではありません。思いついたときにしていたので、半年ほど使わなかったときも。

そんな風に適当にしていたケノンでの脱毛ですが、今ではムダ毛の悩みからすっかり解放されています。毎朝ひげを剃っていたなんて夢のよう (笑)! 剃った足のあのチクチク感もすべて過去のもの。もし買おうかどうか悩んでおられる方がおられれば、絶対にお勧めします。海外でも変圧器を使えば全く問題なく動作しますよ (とはいえ海外で使われる場合は、自己責任で…ということになっていると思います)。

私のカナダ人の友達は、トルコのサロンでアンダーヘアも光脱毛していました。「恥ずかしくないの?」と聞いても彼女は平気と言います。「だってみんなおんなじ形してるわけだし、別に全然恥ずかしくないよ」とのこと…。これ、普通の感覚ですか???? こんな風な度胸は私は全くありません! なので私はケノンを買って大正解! とにかくストレスなしに脱毛できることが一番良かったです。もちろん効果も抜群です。

↓買うとしたら、公式サイトからがお勧めです。私も公式サイトから注文しました。

8. 私がケノンを気に入っている理由

私のケノンは海外での私の引っ越しに伴って、ドイツに行ったりトルコに行ったり私と共にあちこち旅をしています。海外にも Philips(フィリップス) というオランダの有名なブランドから脱毛器が売られていたりします。

海外製品を買うと電圧の問題もないし、そっちのほうがいいかなと思ったこともあります。でも最終的にケノンにしたのは、ケノンが 100% 日本製だという理由。お肌に直接触れるものだし、高いお買い物なので、品質が完全に保証されているものがいいと思いました。

私がケノンを買ったのは5年前なのですが、それからさらに商品が改良されて品質はさらに上がっているようです。5年前のものでも全く問題なく使えていますが、2021年のケノンはさらに脱毛のスピードが上がるように改良されているようです。

私のようにサロンに行くのが億劫だなと感じておられる方の場合は、買って損はないのがケノンです。私のカナダ人の友達のように、アンダーヘアの処理もサロンで全然問題ないっていうくらいの度胸の方は、もちろんサロンに行かれると良いと思いますが(笑)。その方が安くつく場合もあるようです。↓こんな風にキャンペーンを利用するのもお得かもしれません。

9. 金髪の女性はムダ毛が気になるのか?

私のヨーロッパの友達の1人は金髪なので、ムダ毛も金髪。なので毛が生えていても全然気になりません。なので脱毛うんぬんで苦労したことはないということ。なんと羨ましい! ムダ毛の悩みを抱えるのは髪や毛が黒い場合ですね。でも金髪には金髪の悩みがあって、眉毛もまつ毛も金髪なのでマスカラをしないと顔全体がかなりぼやけてしまうらしい…。

女性の美容への悩みは尽きませんね~。人種によってもいろいろ面白い美容事情なのであります。

↓読んで下さったらポチっと応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました