5年以上愛用している KANKEN リュックを重曹で洗濯

↓クリックがランクに反映されます。1日1回ぜひヨロシク!😉ᵗʱᵃᵑᵏઽ*♡↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ
にほんブログ村

5年以上ずっと愛用しているフェールラーベンのリュック。その名も KANKEN(カンケン)。軽くて丈夫なリュックをずっと探していて、これにたどり着きました。皆様もこのデザイン、見かけられたことがあると思います。

日本で使っている人を見かけたことはあまりないのですが、そもそも私は日本にほとんどいませんので(笑)。日本での認知度はどのくらいなのでしょう…。

1. KANKEN はドイツで大人気

フェールラーベンはスウェーデンのブランド。ドイツのハンブルグに住んでいた時にこれを使っていると、すごくいいね! と見知らぬドイツ人にさえ声をかけられることが多かったです。

「どこで買ったの?」ともよく聞かれました。日本で買った、というと、へえ! これドイツですごく人気なんだよね~、と。どうもこのブランドはドイツ (もしくはハンブルグだけ?) で1、2を争うくらい人気のブランドらしい。30年以上も愛されているロングセラーのリュックなんです。

2. KANKEN のコンセプト

ごく普通のリュックだし、もっとかわいいデザインのリュックもあると思うけど…と思いつつ、使いやすいことは確か。「Kanken」はスウェーデン語で「持ち運ぶ」という意味があるようです。その名の通り、リュックまたは手提げの 2WAY で使えます。

フェールラーベンの公式ホームページによると、このKANKEN は「スウェーデンの子供たちに広がりつつあった背中の痛みを和らげるために生まれた」のだそう。そして「10年以上、毎日使ってもへこたれない」のが特徴だそうな。しかも、知りませんでしたが、日本生まれの素材が使われているそうな。

それに加えて KANKEN のロゴはリフレクター仕様になっているので、暗い所で光ります。夜道も安心です。

このロゴです。

3. KANKEN の使いやすい特徴とは?

私が一番気に入っている特徴の1つは、とにかく軽いこと。お勧めのサイズは 16ℓ ですが、重量は300グラムです。シンプルでたくさん入る。ま、たくさん入れると必然的に重くなりますが…(笑)。ドイツでもトルコでもとにかく長時間歩くことが多いので、リュックは必須。いろいろ試した挙句、やはりこの KANKEN が一番良い。これからも使い続けると思います。これ一つあると、他のバッグは要らないくらい活用度高し‼

そして気に入っている特徴の2つ目は、肩からずり落ちないこと。肩にしっかり密着して、肩ひもがずり落ちません。他のリュックだと、ダウンジャケットなど滑りやすい素材を着ているときにリュックの肩ひもがずり落ちることがあります。でも KANKEN は肩をしっかりホールドしてくれます。なので、非常に使いやすい。

私が持っているのは黄色とブルーグリーン。2色持っていれば、どの色とも合わせられるので非常に便利です。

4. KANKEN を重曹でクリーニングする

特にコロナ前は毎日外出していましたので、KANKEN を持ち歩かない日はなかったです。今は外出の機会が減りましたが、それでも外出時には必ず持ち歩いています。

毎日使っていますと、さすがに汚れが目立ち始めまして、何度か洗濯が必要になりました。一度洗濯機で洗ったことがあったのですが、汚れが落ちた部分と残った部分とでムラが出ましたので、その後はいつも重曹を使っています。

重曹って本当に優秀もので、安価なうえに家じゅうこれ1つでピッカピカになりますよね。一度コーチのシグネチャーを洗ったことがあります。家の中の汚れが面白いほど取れるんだったら、バッグの黒ずみも取れるかも…という期待半分・ちょびっと疑心暗鬼で。それが大成功でした!

≪PR≫サイズ色々の重曹。我が家では大きなサイズを常備しています

  

重曹クリーニングといっても、とても簡単です。重曹を溶かしたお水に少し硬めのブラシを浸して、カバンの汚れた部分をこするだけ。乾くのを待って見てみると、黒ずみはすっかりどこかに行っていす。驚くほどきれいになります。

KANKEN の場合は…そうですね、洗濯した後はヘロヘロ感が残ってしまうのですが、かなりの程度きれいにはなります。このヘロヘロ感は洗った後シワがついたせいなので、また使っているうちに目立たなくなります。

5. KANKEN は売り切れの色も多い…

私は楽天で買っています。というのも、通常は12000円くらいする KANKEN が楽天では7000円から8000円台で手に入ります。でも、売り切れの色が多いのが難点…。楽天でもお店によって値段が違うのですが、ほかのお店よりちょっと安めで売っているお店の場合、品切れの色が多いのです。なので自分が気に入っている色があれば、値段が多少高くても迷わず購入します。


やっぱり丈夫ですし、使いやすい。ただし、KANKEN がうたっているように10年も本当に使えるのかは不明。現時点で5年以上使っていますが、私は二色を使い分けているので、10年にはまだまだ到達しません。

しかしこのリュックの活用度が非常に高いので、今度の日本帰国の時に色違いをもう1つ買いたいと思っています♡

6. お勧めのサイズとは?

先ほども書きましたが、お勧めのサイズは16ℓ。それより小ぶりの KANKEN MINI もありますが、大人には小さすぎます。またそれよりワンサイズ大きめのリュックは、ちょっと大きすぎて格好よく決まりません。なので、やはり16ℓが一番お勧め。

7. 質が良いものはリピートする価値あり

何でもそうですが、質がいいものってリピーターになりますね。私は「熱しにくく冷めにくい」タイプですので、気に入ったものはとことん使い続けます。この KANKEN も機能性を考えると、これからもずっと使い続けると思います。

日本にはデザインの可愛いカバンがたくさんあるので、KANKEN はシンプル過ぎて日本人ウケはあまりしないかもしれません。でも一度使ってみると、その使いやすさに惚れ惚れすること間違いなし。そしてヨーロッパでは誰でも知っているこのブランド。この KANKEN を持っていると「お洒落な人」と思ってもらえますよ!

↓読んで下さったらポチっと応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村




徒然なるままにわたくしごと
Zakuroをフォローする
A Wanderer in Wonderland – 大和撫子の中東放浪記
タイトルとURLをコピーしました