アラブ人

中東発! 人間ウオッチ

謝れない男たちへ – 大和撫子からアラブ男性への挑戦状

<!-- wp:paragraph {"dropCap":true} --><p class="has-drop-cap"><span class="has-inline-color has-purple-color">ア</span>ラブ男性って…<strong>弱い</strong>と思う。これが中東でアラブを観察しての私の結論。「弱くってカッコ悪い」ことの代表的な例は、まず彼らのプライドが高すぎて、決して人に謝ることをしない点。自分の非をあくまでも認めない。認めるどころか居直りますから。居直ったあげくには、へそを曲げるか癇癪 (かんしゃく) を起こすかして…そして意地でも謝らない。大の大人がそうです。そして社会的な立場についている男性ほどこんな風。可哀そうなくらいカッコ悪い… <!-- /wp:paragraph -->
中東発! 人間ウオッチ

アラブ世界での就職活動とビジネス感の違い

アラブと仕事をするというのは、かなりストレスがたまる経験です。まず、仕事が遅い! これしきのことに一体 何時間かかっているの? と思うことがしばしば。ここでは、催促されることは恥ずかしいことではありません。それから失敗に対する認識がまったく違います。アラブにとって小さな失敗は問題ない。
中東発! 人間ウオッチ

中東(アラブ世界)で日本人女性はモテるのか?

インターネット上では、日本人女性はアラブにモテると断言しているサイトもありますが、ちょっと待った! 確かに、愛想が良くていつもニコニコしている日本人女性はウケが良い。でも、ウケが良い=モテるとはちょっと違う気が…。日本人の顔はアラブの美の基準からかけ離れているので、日本人の顔に惚れるアラブは少ないでしょう。
中東あれこれ雑多な情報

Welcome to Jordan (ヨルダンへようこそ)!!

ヨルダンに観光に来られると、まず聞くのが「Welcome to Jordan!」(ヨルダンへようこそ)という挨拶でしょう。アラビア語では“Welcome” のことを「アハラン ワ サハラン」といいます。タクシーの運ちゃんから道ですれ違う人まで、とにかく「ウエルカム」または「アハラン ワ サハラン」と歓迎してくれます。1週間から2週間ほどの観光で帰られる日本人のお客さまは、口をそろえて「ヨルダン人ってフレンドリー!」と満足げ。はい、確かに…。でも知らぬうちが花? 3ヶ月ほど経つと「もしかして私って、騙されている?」と気付き始めます。「アハラン ワ サハラン」というわりに搾取してるやん! ぼったくってるやん! 利用してるやん! となるわけです。
中東発! 人間ウオッチ

第2弾! これさえ分かればもう恐くない、アラブと上手に付き合う秘訣

トラブルの大半は、やはりアラブ独特の文化や考え方の違いによるものがほとんどです。今回もまたまたヨルダン人の分析から。アラブは気が利きません。「こんなこと言わなくっても分かってくれるはず」などという仮定は禁物。一を言っても十を悟らないことが多いのですから、言葉に出されない無言の期待には決して応えることができません。
中東発! 人間ウオッチ

典型的アラブの特徴とはーその② 「本音と建前」編

アラブ世界には、日本と同じように”本音と建前”があります。とはいえ日本人よりずっと単純明快なアラブ。分かれば簡単。例えばアラブ世界では ”ノー” と直接的に断るのが失礼だとみなされるので、できないと分かっていることまで何でも安請け合いします。ところが実際に行動には移しません。それならちゃっちゃと ”ノー” って言ってくれりゃ、こちらにも他に打つ手があるのにと思うんですけどね。また建前があるので、自分に都合が悪いことでもまず建前から入ります。それを建前だとこちらが察して本音をくみ取る必要があります。
美味しい! アラブ&トルコ料理

アラブで永遠に愛される庶民の味-ファラフェル

アラブ風ファーストフードの代表格ファラフェル。ファラフェルとは、ペースト状にしたひよこ豆を丸くして油で揚げてコロッケ風にしたもの。お肉は一切使わないのでまさにベジタリアン・フード。ファラフェルのお店は、ヨルダンの街中の至るところで見かけます。アラブに愛されるファラフェル。このお豆コロッケを野菜と一緒にパンにはさんで食べるファラフェルのサンドウィッチが一番人気。
中東あれこれ雑多な情報

アラブって結局どこの国の人? 中東ってどこ?

「アラブ」ってニュースなどでよく聞くけど…結局どこに住んでいる人なの? あれ? アラブって国のこと? 人種のこと?アラブというのはアラビア語を話す国々に住んでいる人々の総称です。よく誤解されている点ですが、アラブ=イスラム教徒ではありません。実はアラブ世界は多宗教で多民族国家です。また中東=アラブではありません。
アラビア語うんちく

アラブ世界でよく耳にする “インシャアッラー” とは?

このアラビア語を抜きにしてアラブ世界は語れない…。それほどアラブ世界に浸透しているこの言葉…それは「インシャアッラー」です。アラブ世界を旅する方、これだけでも覚えておかれると旅がかなりスムーズになりますよ! これは直訳すると「God's willing」、つまり「神のご意志なら」という意味です。もともとは、すべては神のお許しのもとに…という敬虔な気持ちの表れのハズなのですが、アラブ世界では約束を守らないことの言い訳として使われている感があります。
中東あれこれ雑多な情報

オマーン王室の誇りをかけた最高級の香水アムアージュ

知る人ぞ知る、オマーンの最高級の香水アムアージュ (Amouage) のご紹介。これは世界で一番高級な香水の1つといわれています。オマーン土産の代表でもあります。オマーンが誇るこの Amouage はオマーン王室お抱えのブランドで、値段が世界一高いならクオリティも世界一。最高級の乳香の産地でもあるオマーンの誇りをかけています。 ”Amouage” はアラビア語で「波」あるいは「さざ波」という意味です。
タイトルとURLをコピーしました