シリアとレバノンの郷土料理 アラブ風の肉団子 “クッベ”

↓応援クリックしていただけたらランクに反映されます。😉ᵗʱᵃᵑᵏઽ*♡↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

ラブ料理は思った以上に日本人の口に合います。アラブ料理といってもなかなかピンと来ない方も多いかもしれません。タイ料理のように辛くなく、インド・パキスタン料理のようにスパイスが効きすぎず、どちらかというと優しい味付け。癖がありません(全くないとは言いませんが…)。

ご旅行でヨルダンやレバノンに来られるお客様のほとんどが、アラブ料理がすごく美味しかった~と堪能してお帰りになります。今日は、シリアとレバノンの郷土料理(?)である “クッベ” をご紹介します。

クッベとは、アラビア語で “ボール” を意味し、この料理はその名の通り、アラブ風の「肉団子」のことです。材料には、羊のひき肉、細かいバルガー小麦、玉ねぎ、マッシュルーム、松の実(パインナッツ)、それから様々な香辛料が使われます。バルガー小麦は、挽き割り小麦のことで、蒸した麦を乾燥させてから挽いたものです。ブルグルとも呼ばれています。アラブ料理ではこのブルグルが大活躍。

同じブルグルでも、大きさが色々。

クッベに使うブルグルは、とても細かい方のブルグルです。

さて、ひとことでクッベといってもバリエーションがあります。肉団子状に丸くする方法やパイのような形にする方法がありますが、ヨルダン・シリア・レバノンで一般的なのは肉団子状に形を整えて、油で揚げる方法。

とても美味しそうなこのクッベの写真は Cuisine Libanaise Kebbe – Cuisine (simplynewmediajobs.blogspot.com) からお借りしました。羊のひき肉ではなく、牛肉を使ったり鶏肉を使ったりすることもできます。このアツアツのクッベを頬張ると、口にジュワ~とお肉のうまみが広がり幸せな気分になります。

レバノンでよく作られるのが、丸くして揚げるタイプのクッベではなく、バット(容器)に敷き詰めてパイのような形にしたクッベ・ビッサイニーエ。

こちらはオーブンで焼くタイプとなりますので、油で揚げるより健康的だからという理由でレバノン人の中にはこちらのタイプを作る人が多かったように思います。作り方にもよるのでしょうが、わたし的にはパサパサしていて、あまり好きではありませんでした。

さて、さらにレバノンでは生(なま)で食べるクッベも大人気。こちらは生の羊ひき肉をブルグルに混ぜ込んで、そのまま食べます。アラビア語では “クッベ・ナイエ” と呼ばれます。直訳すると “なまのクッベ” という意味。最初にクッベ・ナイエのことを聞いたときは「絶対に食べへんで!」と思っていましたが、食べてみるとけっこう美味…。とてもなめらかで、舌の上でとろける感覚です。

作り方はいたって簡単で、ニンニク・玉ねぎ・ミント・新鮮な羊のお肉その他スパイスをミキサーにかけてペースト状にするだけ。出来上がったクッベ・ナイエには、オリーブオイルをたっぷりかけていただきます。

お肉は超新鮮である必要があるので、どこででも食べれるというわけではありません。同じアラブでも清潔さの基準が違うので、食事に招待されてクッベ・ナイエが出されてもちょっと気を付ける必要あり。いずれにしても高級料理に入る一品ですので、一般の家庭でそんなに出されることはありません。

このクッベ・ナイエに合わせて、生の玉ねぎやニンニクのペーストが好んで食べられます。また、アラブのお酒 “アラック” もクッベ・ナイエによく合います。アラックについては、別の記事でアップしたいと思います。それにしてもアラブたちの胃って本当に強いと思います。生の玉ねぎやらニンニクのペーストやらをたっぷり食べるわりに、体や口が臭い人はそんなにいません。かなり強健な胃を持っていると思われます。

さて、この肉団子風のクッベですが、さらにアレンジを聞かせてヨーグルトのスープと一緒に食べる “クッベ・ビッラバン” (直訳すると “ヨーグルトの中のクッベ”) もシリア人は大好きでした。

こちらの写真は、Kibbeh Bi Laban (Fried Kibbeh Meatballs in Yogurt sauce) – Mediterranean Eatz からお借りしました。温めていただきます。このクッベ・ビッラバンを食べると満腹感とヨーグルトの作用でもう眠気が襲ってきます…。

書いているうちにクッベを食べたくなってきました! さて、このクッベはシリアとレバノンの郷土料理といわれていますが、周辺の地域にも広がりましてエジプト、イラク、トルコなどでもよく目にします。

トルコの肉団子風クッベはアラブのクッベより一回り大きくて、スパイスがもっと効いています。そしてちょっとピリッと唐辛子が効かせてあります。さらに脂っこい…。クッベはやっぱりアラブのほうが美味しいです。

何でもかんでもというわけではありませんが、アラブの料理のほうがトルコ料理より美味しいのは事実かと思います…。これホント。いや、トルコが嫌いというわけではありませんがね…正直な感想です。これ、カナーフェの記事でも同じことを書きましたよね。

何のかんの言って、結局私がアラブびいきなのか? いやぁ、そういうわけではないのですが…。アラブに対してはけっこう辛口の意見を言っている私ですが、美味しいものは美味しいのであります。とはいえ、私は作ったことはなく食べる方専門。なのでブログ上でレシピをご紹介することはできません…。悪しからず。

アラブ世界に来られる機会がある方は、このクッベもぜひご堪能下さいね。

↓読んで下さったらポチっと応援お願いします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

中近東ツアーのお問い合わせなら、お気軽にどうぞ! ☞ https://picturesque-jordan.com/

美味しい! アラブ&トルコ料理
大和撫子をフォローする
A Wanderer in Wonderland – 大和撫子の中東放浪記
タイトルとURLをコピーしました