徒然なるままにわたくしごと

オンライン版 Newsweek の World Voice コーナーに寄稿させていただくことになりました!

ご縁があって Newsweek のオンライン版に寄稿させていただくことになりました。World Voice というセクションの中東のカテゴリです。トルコから、トルコや中東(アラブ世界)に関する記事を書いていくことになります。もしお時間のある方は、ぜひご覧いただければと思います。
徒然なるままにわたくしごと

暗号資産ビットコインとリップルの今後の行方

2018年に購入済みだったビットコインとリップルの存在をコロナ中に思い出すことになりました。ビットコインは8倍に、リップルは3倍に増えていました。一喜一憂するのではなく、ふと気づいたときに資産が貯まっていた、くらいの長期的な投資をしてみるのが自分に合っているかと思います。
中東の美容情報

トルコの美容クリニックでボトックス体験!

トルコには美容クリニックがあちこちにあります。トルコ人にも美人が多く、美意識の高い女性たちが多い。なので、美容クリニックは大流行り。昨今のトルコリラの暴落の影響もあり、トルコで美容クリニックを試すのは非常にお得な体験。日本だと3万から6万ほどするボトックスもトルコでは1万円以下。もちろんその時のレートにもよります。
美味しい! アラブ&トルコ料理

ヨルダン人の誇り! ヨルダンの郷土料理マンサフ

マンサフを食べずしてヨルダンに来たとは言えません! ヨルダンと言えばマンサフ、マンサフと言えばヨルダン。ヨルダンを代表する料理です。マンサフは元々は砂漠のベドウィンの料理。ジャミードと呼ばれる、乾燥させて塩っ辛くしたヤギのミルクを使用します。
中東発! 人間ウオッチ

まさにこれぞレバノン人の真髄! レバノン人を徹底的に解説!

レバノン人はアラビア語を話します。でも自分たちはアラブではないと言い張ります。自分たちはフェニキア人の子孫なのだ! と。典型的なレバノン人って、人を見るとすぐに自分より上か下かを判断したがる。レバノン人のプライドの高さはアラブの中でも群を抜いています。
徒然なるままにわたくしごと

5年以上愛用している KANKEN リュックを重曹で洗濯

フェールラーベンのリュック。その名も KANKEN。軽くて丈夫なリュックをずっと探していて、これにたどり着きました。ドイツのハンブルグに住んでいた時にこれを使っていると、すごくいいね! と見知らぬドイツ人にさえ声をかけられることが多かったです。
徒然なるままにわたくしごと

オンライン会議システム Zoom で自分をちょっとキレイに見せる方法

コロナになってから活用しているオンライン会議アプリの Zoom。その Zoom で自分をきれいに見せることができる方法があります。これを使うと、しわもたるみもほとんど目立たなくなり、お肌もすごくきれいに見えてしまう! オンライン会議に参加することがストレスではなくなります。
中東あれこれ雑多な情報

キスの文化と辛いときのハグ

海外で生活して戸惑うことの1つに「ハグの文化」と「キスの文化」があると思います。アラブ式キスは、頬と頬を合わせてチュッチュと軽く (いや、かなり熱く?) 音を出すものです。親しい友達同士なら、この ”チュッチュ” の回数がむちゃくちゃ多くなります。女性同士のチークキスは挨拶なので、親しくなくても初対面でもキスをします。
中東の美容情報

中東に多いアラブの美女とアラブの脱毛事情

アラブ世界には思わず見とれてしまう美女がとても多いです。ヨルダンに住んだ7年間は目の保養の期間でもありました(笑)。私のアラブの友達 (ヨルダン人、シリア人、レバノン人) はほぼ100%美人でした♡ そんなアラブ女性の悩みは毛深いこと。男性並みの剛毛です。
中東発! 人間ウオッチ

「群れる」文化と 「個」の文化と「おひとりさま」でいること

アラブの文化は "群れる" 文化。一人で何かをするという発想はありません。私にとって一人で過ごす時間は充電のために絶対欠かせません。一人で過ごす時間がないと、ストレスがたまり、自分が自分でなくなる気がします。ある雑誌には「一人でいることができない人は思考が浅い人です」と書かれていました。
タイトルとURLをコピーしました